Tuesday, November 30, 2010

11/28日、Vincent radio 放送曲リスト!

先日vincent radioにて企画した「TUCKER韓国,音の探遊記」も無事放送し!、
反応してくれた皆さん、アリガトコザイマス!
放送では紹介しきれなかったリンク情報など以下トラックリストに記載スルノデ!
ドシドシ!チェック!シテミテ!

○当日の放送内容mp3は
こちら

●今回の放送に協力してくれた皆さん、
ビンセントクルー、 http://vincentradio.com/
DJ Rger Yamaha、 http://twitter.com/rogeryamaha
韓国のDJ mabool, http://bombinorecords.cafe24.com/
DJ soulscape http://www.myspace.com/djsoulscape
そして電話インタビューに応えてくれたMAGAZINE KING !  http://www.myspace.com/magazineking
韓国のサイト「we are internet Frends」 http://weareinternetfriends.blogspot.com/
などさまざまな方々!
!!!!thank you for your help!!! ありがとございました。

なお今回色々調べ事をしていて知った「we are internet Frends」というHPですが韓国の色々なアンダーグラウンド音源についてのblogまたダウンロードが可能なとても良いHPなのでぜひ訪れてみて下さい。
http://weareinternetfriends.blogspot.com/

NO1 MAGAZINE KING/ 失われているヒント   アルバム(Resoning Album(2007)
     http://itunes.apple.com/jp/album/resoning-album/id292045168

NO2 Tucker& magazine king/不思議的交差点 アルバムPUBLIC/IMAGE.SOUNDS-(2009)
http://itunes.apple.com/jp/album/public-image-sounds/id317189889

NO3 BOLPALGAN/도무지ドムジ アルバム야매 ヤメ(2001)
http://weareinternetfriends.blogspot.com/search/label/Korean%20Electronica

No4 HONEY BUNNY/inger ring アルバム


No5 곤충스님 윤키 /쿠바태생의 공장근로자 アルバム관광수월래(2000)
http://weareinternetfriends.blogspot.com/2010/06/2000.html
No6 곤충스님 윤키 /느린 서울 アルバム관광수월래(2000)
http://weareinternetfriends.blogspot.com/2010/06/2000.html

NO7Master Musik + Bamseom Pirates  /

불길한 저음 + 밤섬해적단 Live (2010. 4. 21) @ 오백

http://weareinternetfriends.blogspot.com/2010/04/live-2010-4-21.html


NO8 Funkafric & BoostDah/너무합니다 アルバム(너무합니다2008)

http://music.daum.net/album/album.do?albumId=478148


NO9 ORGASM BROTHERS/cheerful twist


NO10Pyongyang Hardcore Resistance/Resistance 2

NO11 Magazine King-featuring Raekwon (現在製作中ALBUM)

http://www.myspace.com/magazineking

NO12TUCKER/한국 정식음악실

http://www.myspace.com/tuckerelectone

Saturday, November 27, 2010

明日19::00よりライブストリーミングサイトvincentradio.comにて"TUCKERの韓国、音の探遊記!"を生放送

http://vincentradio.com/
7:00pm
Portion of K-POP Part 3 "TUCKERの韓国、音の探遊記!"
Host: TUCKER Assistant: ROGER YAMAHA

韓国音楽特集シリーズ第3回!!! 現地交流も活発な炎のエレクトーン奏者タッカー氏が、知られざるドメスティック最深部リポートでとどめを刺す最終章。個性派ヒップ・ホップ/グラインドコア/ジャズ&ソウル&サーフ・ガレージ etcetc...もの凄い音楽発見の数々を、ごぞんじロジャー・ヤマハをアシスタントにご紹介。トラックメイカー、マガジン・キングも首都ソウルから国際電話で友情出演予定!


Sunday, November 21, 2010

Wednesday, November 17, 2010

ORGAN & RHYTHM BOX の世界 其の21 韓国MOOG事情!

ORGAN & RHYTHM BOX の世界 其の21 韓国MOOG事情!
アッケラカンとした中に野蛮音色在中!
韓国のダンスホールでは現在もこんなテイストは息づいている
特に1:08秒のハゲシスギル!ランダムメロディがあぶない。
80'sはさらにリズムボックス、フィルインのup dateが待っている!

Tuesday, November 16, 2010

TUCKER! の釜山探遊珍道中記!!!!!!(後編)



前回のつづき、、
昨夜は恐怖のオババ達との遭遇により、本来の旅の目的、韓国プサンの音楽の見識を深めるというテーマから大幅に横道にそれてしまった、タッカー、マガジン、ノンチェリー、ガンドルの4人組は
今日は大変な事にならぬ様、朝食をとりながら一日の計画を錬る事に。
昨夜MALBOOLさんに教えてもらった「山の中にあるアナログ専門店」へ行きましょう!となり
一同レストランから出て海岸線の方へ目を向けると、ナニヤラ黒い煙が!


火事が出火したのだという事が判明。、あまりの火柱の大きさに唖然。
立ちすくんでいると、そこへ
「オニーサーン」とナント昨日のオババ登場!!
火事と笑顔のアジメに挟まれ正気を失いそうなので、なんとかタクシーを拾い離脱!
現場の様子から倉庫からの出火でケガ人は無い模様。

「チョット!プサン ハ ケイオスダ!」とマガジンキング。
ショック状態のままレコード屋へ。へーこんな山の奥にレコード屋があるのかなーと半信半疑で坂道を昇ると
ナニヤラそれらしい店へ到着。


中には50年代から、それ以前のSP盤まであり、数は少ないがモチロン全部見た事無いレコードが色々。
とても音楽に詳しそうなやさしい老人が営む良いお店でした。その後も数件でレコードを買う。

最後はプサンタワーに併設する民族楽器博物館へ。ココは世界のドメスティックな楽器を一同に展示しているのだが、2階に展示された楽器に関しては好き勝手演奏可能というスグレモノ、

誰も他の客が居ない事イイコトにかなり3人でドンガラゴンゴン!ソロソロ怒られるんじゃないか
とビビッタが。受付嬢、不信な顔。


最終日夜、前日門前払いをくらった生演奏系BARへ最後のチャンスと「リズムボックス生演奏が見たい!」とダンスホールへ!客が少なかったせいかスンナリ入店できたのだが、出て来たのはまばゆいライトに照らされた、ハイパー男性ダンサー、メンズストリッパーの!SHIMA!登場!
これには私たち異国の人間もそうとうダメージが強く、駆け込む様に近隣ホテルのオシャレなボサノバが流れるカフェに逃げ込んだほどだった。

でも色んな意味でこれがプサンなのかもしれない。
楽しかったですMALBOOL 色々紹介してくれて有り難う!
MALBOOL 매우 즐거웠다. 고맙다,


●山の上のレコードショップ google map 調べ (示される風景の中に看板にLPと書かれた店がありますが、そこになります。

●釜山楽器街 google map 調べ (Google mapで調べでは以下の住所、地図で言うとAの場所になります。大通りに面しており玄関は2階から入るビルの中にあります。)
South Korea, Busan, Busanjin-gu, Bujeon 1(il)-dong, 347-40
+82 51-803-4470

次のTUCKER LIVEは12月4日リキッドルームLOFTです!http://www.liquidroom.net/schedule/20101204/3752/




TUCKER! の釜山探遊珍道中記!!!!!!(前編)














































ワタクシTUCKERと,,MAGAZINE-KING,、、、 ノンチェリーの3人で韓国のさらなる珍ドープエリア釜山への旅が急浮上!

先ず釜山楽器街へ潜入し、韓国産インスツルメンツ達をチェック!!謎リズムボックス発見!


恒例のマガジン先生の店主への聞き込み調査で、判明したエレクトーン演奏によるダンスホール情報をゲットし!
いざ直行したが前回入店成功したSEOULと違いよりハードコアな様子。
厳しいドレスコード、年齢制限の為、(若者入店禁止)により門前払いに。


3件目でやっと入店に成功!未開の釜山ビートをエクスペリエンツ!
スネアよりもタムが強調されたトコロにこのプサンビートの秘密がアルラシイ!
「ポッポッポポ〜ン!」

コレャーのっけからチト刺激が強すぎた。という事で一息休憩が必要、昼食しているとここでノンチェリーのオシャレなリュックから取り出された、ヤバイ、ブツ!自身のカッティングマシーンにより作られたホカホカ7incが贈呈!(日本に帰ってから聞いてみたが、その名もデカMELONはメロウなリズムボックス節がキイた心地良い名曲デス!)

夜にはWINDY CITYのパーカッション担当ガンドルもSEOULより高速列車で駆けつけ
もうすぐ兵役へ出発する彼の為、乾杯の宴開始。閉店まで盛り上がり!

どこでどうなったのか気がつけば、閉店後のそこで働くアジメ(おばさん)達に誘われ、「えーうっそー!マジで行くのー!」アリエナイ怒濤の日韓交流カラオケーションへ移動!

着いた先は海岸のサイケデリック!カラオケラウンジ!いきなり男か女か判別不能なチータのようなジェントリーなパーを当てたママの登場に唖然とする間もなく(アジメ)熱唱BOXへ突入!


「ヒ〜ありえない〜」と言いつつもタンバリン片手にアジメを盛り上げ!中でも若干24才ノンチェリー君の原始的な大セクシーダンスがアジメ達にオオウケ!「キャー!オニーサーン」と最終的になんと我々はパーティーボーイ代としてチップまでもらう始末!(アリエナイ!)

「ヒ〜タスケテ〜〜」と
次々と押し寄せるあまりにも唐突な展開に我々は笑いすぎて翌日は腹筋が筋肉痛に。

「イヤーワタシノジンセイ、デ、イチバン、ドープ、エクスペリエンツ!」というMAGAZINE-KINGの
コメントと共にドープすぎるナイトメアは終了した。
つづく。